*初挑戦!動くLINEスタンプを制作してみました

スポンサーリンク
広告

動くLINEスタンプ【モルモットの動くお顔】がリリースされました

初挑戦の動くスタンプです。
モルモットの動くお顔とか、ちょっといよいよネーミングセンスがアレですが。
表情豊かで可愛く出来ましたので是非使ってみてください♪

初めてのApng形式での制作

以前作成した笑顔モルモットのイラストがとても気に入り、そのコミカルな表情をモデルに動くスタンプにでも挑戦してしようかと思い手を出してみました。

笑顔なモルモット

しかし、アニメーション作成はとても苦手なうえに、保存方法もよくわかっていないという始末だったのでちょっと苦戦しました。

スタンプの制作ガイドラインや各種ブログ記事などを参考にしながらなんとか無事に完成しました。
制作期間は5日です。

アニメーションスタンプ制作ガイド

スタンプのイラスト制作

とりあえず初めてなので、16個セットの作成を目指しました。

まず先に作成した9匹は、イメージが掴みやすくどんなアニメに使用かの思いつきも早かったです。
残り7種類は以前募集したモデルモルモットさんのお写真を使わせていただきました。
9匹はポジティブ系で、7匹はネガティブや日常系になっています。

イラスト制作はProcreateを使用しました。

Procreate – Savage Interactive Pty Ltd

ProcreateからもApng保存が出来るのですが、動きがおかしくないかなどのチェックのみ。
細かい調整などはPCで行いたかったので今回はイラスト制作のみで。

一生懸命透明度を下げたりして作成していたのですが…
procreateにはアニメーションアシスト機能があることに全部終わってから気づきます…。
まだまだ使いこなせていませんね。

次回はアニメーションアシスト機能を使用したイラスト制作を含めて、procreateのみでスタンプの作成が出来るかどうか試してみます。

Photoshopで調整、容量の圧縮

描いたイラストをPCで微調整します。
ちなみに我が家のPhotoshopはCS5なので、今はもっと簡単に出来たりするのかもしれません。

動くスタンプは300KB以下なので、容量オーバーした場合はPngyuを使用して圧縮しました。

Apng形式で保存する

スタンプの画像をすべて書き出します。
メインにしたいイラストを01.pngで保存します。

書き出した画像ファイルを、APNG Assemblerを使用してapngに変換します。

今回、こちらのサイトを参考にしながら制作しました。

画像サイズはすべて統一し、フレームレートは使用した画像の枚数を入力していきます。
ループ回数は2回にしました。

一発で審査通過しました!

5/22に審査をリクエストして、5/24には承認。販売開始をしました。
容量や間違った点などはアップロードの時点ではじかれていたのでその都度修正をしましたが、一発合格で
審査を通過しました!
着せ替えは結構リジェクト地獄なので嬉しいです。

この調子で今後もスタンプの種類を増やしていきます

LINEスタンプは気が付いたらカスタムスタンプやメッセージスタンプなど色んな種類が出ていました。
新しいものにはなるべく挑戦していく姿勢なので、良いアイデアが浮かびましたらまた制作していきます。
また、アニメーションももう少し勉強していきたいので動くスタンプも時間を見つけて少しずつ作っていこうかと思っています。

その他のスタンプ


絵文字

着せ替え

スポンサーリンク
広告
トップへ戻る